2007年11月15日

「グッド・バイ」

そう、走り続けてきたさ。
立ち止まることも知らずに。

しかし、君には、分からないだろう?

光の中で、闇の中で。
身を削りながら、神経を切り刻みながら。

少しずつ何かが流れ去っていくようで、涸れていきそうだった。
それでも……走り続けてきたさ。

けれども、もう、終わりにしよう。

まるで、枯渇した“泉”の底のようだ。

ひび割れた“底”を覗いてみるといい。

意識の底に澱んでいた“ドロ”をかき乱したかのように。
陰影の奥に潜んでた消しがたい“傷”が再び浮き上がるように。

君には、見えるかい?

分かるまい。
土台、分かるはずがない。
第一、分かろうともしないだろ?

「時を鳴らす鐘」をたたき続けることのみに、気を配る君には。
音色の調子が外れていても、気づかない君には。

一つ教えてあげようか。
「秒刻」の「針」だって、いつかは、その動きを止めるものさ。

だから?
「さよなら」と、君には伝えるよ。

そう、「グッド・バイ」とね。
posted by Jhon Done at 00:00| Comment(0) | グーテ・ナハト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

「バックパック・ブルース」

分かっているよ。

あんたに言われるまでもなく、そんなことは。
別に気取っているわけでもないさ。
生まれたときから「失格者」の烙印を押されていたんだろう。
だからって、俺のせいかい?

あんたたちが後生大事に抱えている「常識」ってものを、俺も身につけようとがんばってみたさ。
そう、あんたが、「世事に長けた仮面」をかぶり、「慣例」や「無関心」に身を預けながら、ひたすら生活の「安寧」のみに心砕くように。

俺も、世間のへりからこぼれ落ちないようにな。 

でもな、世の中には、変えることができるものと、できないものがあるみたいだ。
誰かが、どこかで、編んでしまった織物を、いまさら、ほぐすわけにもいかないのさ。

だからといって、この人生を美化するつもりはないぜ。
それでも、俺の人生なんだ。
たとえ、クソみたいな人生でもな。 
だから?
あんたは、あんただ。
そして?
俺は、俺だよ。

どうだい、話し合う術は、みつかりそうかい?
それとも、虚栄に満ちたこの世界に、杯を重ねるかい。
『ワルツィング・マチルダ』でも聞きながら。

あんたが煙草を吸うんだったら、火をつけてやってもいいぜ。

そう、「答えのない、問いかけ」にな。
posted by Jhon Done at 00:00| Comment(0) | ノアール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。