2007年11月11日

「バックパック・ブルース」

分かっているよ。

あんたに言われるまでもなく、そんなことは。
別に気取っているわけでもないさ。
生まれたときから「失格者」の烙印を押されていたんだろう。
だからって、俺のせいかい?

あんたたちが後生大事に抱えている「常識」ってものを、俺も身につけようとがんばってみたさ。
そう、あんたが、「世事に長けた仮面」をかぶり、「慣例」や「無関心」に身を預けながら、ひたすら生活の「安寧」のみに心砕くように。

俺も、世間のへりからこぼれ落ちないようにな。 

でもな、世の中には、変えることができるものと、できないものがあるみたいだ。
誰かが、どこかで、編んでしまった織物を、いまさら、ほぐすわけにもいかないのさ。

だからといって、この人生を美化するつもりはないぜ。
それでも、俺の人生なんだ。
たとえ、クソみたいな人生でもな。 
だから?
あんたは、あんただ。
そして?
俺は、俺だよ。

どうだい、話し合う術は、みつかりそうかい?
それとも、虚栄に満ちたこの世界に、杯を重ねるかい。
『ワルツィング・マチルダ』でも聞きながら。

あんたが煙草を吸うんだったら、火をつけてやってもいいぜ。

そう、「答えのない、問いかけ」にな。
posted by Jhon Done at 00:00| Comment(0) | ノアール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: