2007年12月25日

「折れたひざを伸ばして」

行き着いた先は、ガラス窓からランプの「灯り」と「グレツキ」の調べが漏れてくる、誰も知らない小さな「喫茶店」だった。

「胡桃色」の薄明かりさえをも避けるように、片隅にあるテーブルに身を落ち着かす。
ダークグレイのスーツに、ライトグレイのマフラーを肩からクロスさせ、その上にダークブラウンのハーフコートを身にまとったまま、スツールに腰を落とす。
そして、そのまま、漆黒の木壁に身を預ける。

街は、陽気な「クリスマス」気分に彩られていた。
イルミネーションに飾られた街灯が、行き交う人々の表情に映える。

しかし、その店だけは、違っていた。
『悲歌のシンフォニー』が、重く、そして、低く、響く。聖母マリアへの哀しい祈りが、切々と綴られている。

独り、誘いを断り、「孤独の時」を許した。
久しぶりだった。
「秒刻」から解放され、「時刻」に浸ることができるのは。
「時の鐘の音」に踊らされることもなく。

そう、もう「走る」ことは止めた。
果てしのないレールを過ぎ行きたとしても、その先には、また、別のレールが待っているからだ。

そう、もう神経を「切り刻む」ことは止めた。
「珈琲」の香りに身を包み、「煙草」の匂いに身を委ねることに決めたからだ。

気がつくと、第3楽章の終わりに近づいていた。
反復する和音のメロディは「憩い」を。歌声は「安らぎ」を願う祈りの言葉へと。
あたかも、「慈しみ」と「慰め」が、ランプシェイドの影を包み込むかのように。

折れたひざを伸ばし、「歩き」続けることにした。
決して、急がせることなく。
「時」のままに。
posted by Jhon Done at 00:00| Comment(0) | それだけのことさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。