2006年04月14日

「シュガーコート」



その程度の認識か。

“エサ”を貰いすぎてしまうと、“物”が見えなくなってしまうんだな。

立派な分別が、邪魔をするのかい?
ためいきをつくだけかい?
「分別」は臆病に。
「許容量の深さ」は、諦めに。
“大人”になったな。

君への“メッセージ”だ。
「告げ口をして身を守れ」
“黄金律”
「裏切ろうとしている者には、ことさら親切に」

“改革”?
笑わせないでくれよ。
「おためごかしの服芸、茶番を演じ続けろ」
“富”と“名声”の出世レースに駆り立てられ、高速輪転機から印刷される“紙幣”に心奪われる君に贈る言葉だ。

「道標」だって?
止めてくれよ。
それこそ、思考の束縛、低姿勢の“ファシズム”だ。

「周到に準備された答え」
「欺まんの質ではなく、繰り返すこと」
それが君の、そして、君達のやり方だろ。

云わせてもらうぜ。
”厚顔無恥の一般概論”
各論は?

根が腐っているとどうなる?
そろそろ、“ツケ”がたまってきたんじゃないのかい?

なぁ、眠れるかい?
「現状維持」と「心地よいぬくもり」を、もっとも愛している君が、睡眠不足に陥っているんじゃないかと思ってね。

もう一度、聞くよ。

枕を高くして、眠れるかい?
posted by Jhon Done at 00:00| Comment(0) | それだけのことさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。